大日寺

第13番大日寺(だいにちじ)

【山号】

大栗山 (おおくりざん)

【院号】

花蔵院 (けぞういん)

【寺号】

大日寺

【札所番号】

第13番

【開基】

弘法大師

【駐車場】

5台無料

【宿坊等】

15名

【本尊(祭神)】

十一面観世音菩薩

【ご詠歌】

阿波国の一宮とはゆうだすきかけてたのめやこの世後の世

【ご真言】

おん まか きゃろにきゃ そわか

【宗派】

真言宗大覚寺派

【所在地】

〒779-3132  徳島市一宮町西丁263

【電話番号】

088-644-0069

八十八か所中、大日寺は、4番札所の黒巖山・大日寺、13番札所の大栗山・大日寺28番
札所の法界山・大日寺と3つあります。

こちらの13番札所の大栗山・大日寺の創建は弘仁6年(815年)。
開基と伝えられている弘法大師空海が、この付近にある「大師が森」で、
護摩の修行を行った際、大日如来が現れて「この土地は霊地であるから一寺を建立せよ」
と告げます。そこでその大日如来の姿を刻み本尊とし、堂宇を建立しました。
それにちなんでお寺の名前は大日寺となりました。

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火により消失してしまいますが、
江戸時代の前期頃、徳島藩3代藩主蜂須賀光隆によって再建され、
その後、阿波一の宮神社の別当寺になります。
当時は一の宮神社の方が札所として参拝されていたようです。
明治の神仏分離によって神社は独立し、元々大日寺にあった大日如来像は
脇仏となり、十一面観音像が本尊として祀られています。

近年作られた新しい山門をくぐると、樹齢100年をこえる巨木の側に合掌の形をした厨子が
あります。中に安置されているのは極彩色の美しい「しあわせ観音」。
本堂横には撫でると除病の功徳があるという「賓頭盧尊者像」。
赤いお顔をしており「おびんずる様」と呼ばれ親しまれています。

奥の院には本尊を金剛蔵王大権現大滝山とする建治寺、新奥の院には本尊を波切不動明王、
遊戯観音(ぼけ封じ観音)とする如意山 國中寺。境内には国中神社もあります。
ぼけ封じ三十三観音霊場13番札所でもあります。

▼次の14番札所 常楽寺 までは約 2.3km

参拝記録

大日寺

国道沿いに位置する小さなお寺。
本堂と大師堂が向かい合わせになっている。
国道沿いということもあり、ふと道路に目をやると車がびゅんびゅん行き交うのが不思議だった。
道を挟んで向かい側には神社がある。
昔この神社で撮影したことがあるのを思い出した。