薬王寺

第23番薬王寺(やくおうじ)

【山号】

医王山 (いおうざん)

【院号】

無量寿院 (むりょうじゅいん)

【寺号】

薬王寺

【札所番号】

第23番

【開基】

行基菩薩

【駐車場】

6台無料

【宿坊等】

【本尊(祭神)】

厄除薬師如来

【ご詠歌】

皆人の病みぬる年の薬王寺瑠璃の薬を与えまします

【ご真言】

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

【宗派】

高野山真言宗

【所在地】

〒779-2305  徳島県海部郡日和佐町奥河内字寺前285-1

【電話番号】

0884-77-0023

発心の道場、阿波最後の霊場。高野山真言宗の別格本山。厄除けで有名なお寺です。

創建年は神亀3年(726年)、聖武天皇の勅願により行基が創建したと伝えられています。
弘仁6年(815)弘法大師空海が平城上皇の勅命によって厄除けを祈願し、厄除薬師如来坐像を刻み、
厄除けの根本祈願寺としました。

この厄除薬師如来坐像の功徳を平城天皇、嵯峨天皇、淳和天皇の3代に奏上したところ、
嵯峨上皇、淳和天皇は勅使を使わされて厄除の祈誓を願われ、嘉禄2年(1226年)に土御門上皇が訪れ、
また後嵯峨天皇は寛元元年に伽藍の再建をしたと伝えられています。

文治4年(1188年)火災により堂塔を焼失しますが、本尊は奥之院の玉厨子山に自ら飛び去り避難し
難を逃れたという伝説があります。後に後醍醐天皇により堂塔が再建され、新たな薬師如来像を開眼供養元
すると、避難していた本尊も再び戻り、後ろ向きに厨子に入り自ら厨子を閉じたとされ、以来「後向き薬師」
と呼ばれ秘仏になっています。このため本尊は二体あります。
現在の本堂は明治41年(1908年)に再建されたものです。

やくよけばしを渡って本堂に向かう石段は、厄坂と呼ばれます。女坂33段、男坂42段、還暦厄坂60段。
お賽銭をあげながらお参りすると、身に降りかかる厄難が落ちるといわれています。

昭和38年(1963年)に建立された宝形屋根をもつ瑜祇塔の階下は戒壇めぐりで薬師三尊、
1階には五智如来が安置され、2階は展望台になっており、有料で見学することが出来ます。
本堂の裏手にある肺大師は、弘法大師の石像が祀られた祠の足元から湧き出ているラジウムを含んだ霊水が
肺病などに効くといわれています。文化財に仁王像と大楠があり、
奥の院に如意輪観世音菩薩を本尊とする玉厨子山 泰仙寺(番外霊場)があります。

お寺の近くには薬王寺温泉も。
サウナや洗濯機、乾燥機も完備されています。

▼次の24番札所 最御崎寺 までは約 75.4km

参拝記録

薬王寺