安楽寺

第06番安楽寺(あんらくじ)

【山号】

温泉山 (おんせんざん)

【院号】

瑠璃光院 (るりこういん)

【寺号】

安楽寺

【札所番号】

第06番

【開基】

弘法大師

【駐車場】

3台無料

【宿坊等】

3名

【本尊(祭神)】

薬師如来

【ご詠歌】

仮の世に知行争うむやくより安楽国の守護をのぞめよ

【ご真言】

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

【宗派】

高野山真言宗

【所在地】

〒771-1311  徳島県板野郡上板町引野寺の西北8

【電話番号】

088-694-2046

弘仁6年(815年)に開基は弘法大師空海と伝えられています。

四国を巡錫中の弘法大師は、この地にて万病の治癒に効果がある温泉を発見し、
そのほとりにお堂を築き、薬師如来を刻んで安置し、山号を「温泉山」、
寺号を「安楽寺」と名付けました。

桃山時代に阿波藩祖・蜂須賀家政公によって、遍路や旅人が宿泊するための
「駅路寺」に定められます。この時、蜂須賀茂政によって出された「駅路寺文書」が
寺宝として今も大切に保存されており、400年の歴史を有する宿坊(宿泊施設)には
温泉山の山号の通り温泉「弘法の湯」があります。

天正年間(1573~1592)に長宗我部軍の兵火にかかって焼かれ、
万治年間(1658~1661)に現在の地の瑞運寺と併合して現在地に再建されます。

薬師如来に付き従う日光、月光の両菩薩、十二神将に、慶派(鎌倉時代に活躍した
運慶・快慶の流れをくむ仏師の一派)の継承者である京都大仏師・松本明慶師が無名時代から
彫り続けた大師堂の弘法大師像はじめ、愛染明王、不動明王など仏像三十五体も各御堂に祀られています。

現在の本尊は新しいもので、昭和37年に不治の病とされていた愛知県に住む水谷しずさんが、
ご主人の水谷繁治さんと霊場巡りに出掛け、その巡礼で病気が快癒していった霊験を得て、
奉納されました。一尺三寸の元来の御本尊は胎内仏として現在の御本尊の中に納められています。

境内の厄除けのさか松、多宝塔、観音堂、願い棒、性霊殿には胎蔵曼荼羅・金剛界曼荼羅や
弘法大師の御真筆があります。

▼次の7番札所 十楽寺 までは約 1.2km

参拝記録

安楽寺