浄瑠璃寺

第46番浄瑠璃寺(じょうるりじ)

【山号】

医王山 (いおうざん)

【院号】

養珠院 (ようしゅいん)

【寺号】

浄瑠璃寺

【札所番号】

第46番

【開基】

行基菩薩

【駐車場】

2台無料

【宿坊等】

無し

【本尊(祭神)】

薬師如来

【ご詠歌】

極楽の浄瑠璃世界たくらえばうくる苦楽はむくいならばし

【ご真言】

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

【宗派】

真言宗豊山派

【所在地】

〒791-1133  愛媛県松山市浄瑠璃町1282

【電話番号】

089-963-0279

愛媛県内には26の霊場があり、松山市内にはその内の8ヶ寺があります。

浄瑠璃寺は三坂峠の麓に位置し、境内には松山市指定天然記念物にも指定されている
樹齢1,000年を超す大樹イブキビャクシンが聳え、その足元には延命や豊作に御利益のある
仏手石と仏足石が安置されています。

創建年は和銅元年(708年)、開基は奈良の大仏開眼を前に布教のためにこの地を訪れた
行基上人と伝えられています。

行基上人は本尊に薬師如来像、脇侍に日光菩薩・月光菩薩、眷属に十二神将を
刻んで安置しました。

薬師如来は東方浄瑠璃世界(瑠璃光浄土)の教主であるといわれることにちなんで、
寺名を「浄瑠璃寺」、山号を「医王如来」に。

浄瑠璃寺はその後、大同2年(807年)に弘法大師空海、
室町時代末期に足利幕府の武将 平岡道倚により再興されます。

江戸時代の正徳5年(1715年に)に山火事により本尊と脇侍以外を焼失するも
天明5年(1785年)に堯音により再興されます。

境内見所は正岡子規句碑、籾大師、説法石、経塚、万霊塔、大師堂のだっこ大師、
本堂左奥に一願弁財天堂、その奥に蓮園の弁天池があります。

▼次の47番札所 八坂寺 までは約1km

参拝記録

浄瑠璃寺