円明寺

第53番円明寺(えんみょうじ)

【山号】

須賀山 (すがさん)

【院号】

正智院 (しょうちいん)

【寺号】

円明寺

【札所番号】

第53番

【開基】

行基菩薩

【駐車場】

1台無料

【宿坊等】

無し

【本尊(祭神)】

阿弥陀如来

【ご詠歌】

来迎の弥陀のひかりの円明寺照りそう影は夜な夜なの月

【ご真言】

おん あみりた ていせい から うん

【宗派】

真言宗智山派

【所在地】

〒799-2656  愛媛県松山市和気町1-182

【電話番号】

089-978-1129

和気の円明さんの愛称で親しまれる圓明寺 (えんみょうじ)、
創建当初は現在地よりも北の和気海浜坂浪西山にあったため、
海岸山 圓明密寺と称しました。寺名は円明寺と表記されることもあります。
54番札所 延命寺(えんめいじ)と名前が似ているのでご注意ください。

創建年は天平勝宝元年(749年)、聖武天皇の勅願により行基上人が
本尊に阿弥陀如来、脇侍に観世音菩薩、勢至菩薩を刻んで開基したと伝えられています。

後に弘法大師空海が訪れ、堂宇を整え四国霊場に定めますが、
鎌倉時代以降、元和年間(1615年〜1624年)に須賀専斎重久により現在地に移されるまでは
度重なる兵火により衰退します。

寛永13年(1636年)に京都御室の覚深法親王により仁和寺の直末として再建、
須賀山 正智院 圓明寺に改められます。

境内には本堂、大師堂の他に閻魔堂、文殊堂、弁財天など。
見所は本堂左甚五郎作龍の彫物、大師堂天井画、マリア観音像(キリシタン灯籠)。

愛媛県指定有形文化財に八脚門、厨子、木造阿弥陀三尊像のうち両脇侍立像
があります。

松山市指定民俗文化財に現存する唯一の銅板製の納札(慶安3年-1650年)。
       
                                                         
奥の院に十一面観世音菩薩を祀る観音堂があります。
(海岸山 圓明密寺が建立された場所)

参拝記録

円明寺